リコー、ファナック製の小型切削加工機ロボドリル向け『振動モニタリングシステム』を発売開始

リコー、ファナック製の小型切削加工機ロボドリル向け『振動モニタリングシステム』を発売開始

リコーインダストリアルソリューションズ株式会社(社長執行役員:竹本 浩志)は2019年12月24日、ファナック製の小型切削加工機ロボドリル向け『振動モニタリングシステム』の販売を開始したと発表した。

これまで、切削工具の磨耗状況は正確に把握することが困難であったが、『振動モニタリングシステム』をロボドリルに取り付けることで、 加工機の異常検出、切削工具の磨耗状況や破損などを可視化することが可能となるという。

今回発売された振動モニタリングシステムは、検知可能な周波数帯域が10Hz~96KHzと広域に対応しており、多種類の切削工具の異常振動を検知することが可能。ファナック製CNCと連動することで、切削工具の切削区間を指定し加工ごとに比較することもできる。

加えて、独自開発のAI技術により加工や切削工具の正常時と異常時の振動パワーの変化を数値化することが可能だ。これにより、摩耗に伴う振動変化や切削工具の折損などを検知することができるため、異常検出や工具寿命の管理が容易になるという。

振動モニタリングシステムの特徴

今回、リコーが発売した振動モニタリングシステムは、独自のセンサーとデータ解析技術により、より高度な「振動データの見える化システム」の運用が可能となる。加工機械の故障の未然防止やメンテナンスの簡素化、予防保全の取り組みへの活用が期待される。

1.異常振動の検知

多種類の切削工具の異常振動をリアルタイムで検知できる、10Hz~96KHzまでの広い周波数帯域に対応。振動データをスペクトログラム(3次元グラフ)で表示することで、正常時・異常時の違いを視覚的に把握しやすいのが特徴だ。

2.加工データの比較

ファナック製CNCと連携することで、加工プログラム中の特定の区間をモニタリングすることが可能。切削工具・加工工程ごとに自動的にデータを取得し、振動データを並べて比較することができる。

3.AIによるスコアリングと通知機能

リコーが独自開発したAIアルゴリズムにより、機械・切削工具の振動パワーの変化をスコアリングしグラフ表示することで、ひと目で加工状況および摩耗状況が把握できる。システムにしきい値を設定しておくことで、異常時に機器にアラート表示したりCNCへ通知を送信することが可能。加工異常の早期発見に繋がり、予防保全による生産性の改善に効果を発揮するという。

振動モニタリングシステムの関連情報

リンク:振動モニタリングシステム公式ページ

仕様情報:振動モニタリングシステム 主な仕様

リンク:「振動データの見える化システム」を開発~様々なアプリケーションへの展開を視野~

最新ニュースカテゴリの最新記事